上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記を書くの久しぶりなので、書くことはたくさんあります。
というか自分のサイトに来るのも久しぶりです。
それほど忙しかった訳でもないのに、何をしていたんでしょうね。
今日は、再来年の大河のニュースが出てたので無性に書きたくなってやってきました。
正直、来年があんまり得意じゃないっていうか興味ない人(俳優さんじゃなくて、取り上げられる人がって意味で)なので、再来年は楽しみです。
お江さんですって。
個人的にはお江与さんって呼び方の方好きなんですけど、そんなのどうでもいいですね。
戦国時代のメジャーなイベント目白押し。
一昨年前から、一年おきに被ってますよね。
もしくは続いてる感じ。
信玄・幕末・景勝・幕末・秀忠
どうせなら続けてやっちゃえばいいのになぁ。
お江さん主人公って事は、三姉妹の絡みが楽しみです。
勿論ラスボスは春日局で。
家光の扱いがどうなるのかなぁ。

前にも書きましたけど、日本史だったら古代が好きです。
具体的に何がって言われると困るんですけどね。
あおいさんが日記に書いてた感じはよく分かります。
文献いいですよね。
記紀とかすごい面白い。
古代なんて書いたもん勝ち(笑)みたいなところあるし、それをどう解釈するかで楽しみ方が違ってくるんですよね。
私が古代に興味持ったのは、大王で唯一暗殺されたと記述のある泊瀬部皇子でした。
大王なのに扱いが酷すぎて注目してたら、その周辺に詳しくなってしまったという。
中高生の時にこういう話題で盛り上がれる友人がいたら、きっと今でいう歴女のようなカンジになってたのかもしれないです。
ただ、やっぱり歴女は戦国時代とか幕末のイメージがあるので、古代を語るのも有りなのかちょっと疑問。
でもやっぱり、歴史は古代から順番にやってく方が面白いと思うのです。
大王の即位の経緯を見ていったらいずれは現代に繋がる訳だし。
流れを追っていけば、自分が嵌る歴史上の人物(もしくは出来事)が一つはある筈。
どっかに嵌れば、後は転がり落ちるように歴史に嵌っていくと思います。
ワンピの23巻だけ読んで嵌るカンジ? ←解りづらい
前も続きも気になる!的な。
だから日本史全般は基本的に好き。
元々は戦国時代から入ったし、お約束で新撰組にも嵌ったし、平氏と源氏もちょっとかじった。
ネタでもなんでもなく、普通に伊達政宗とか真田幸村とか好きだったんですよね。
今となっては逆に言えない。
あの頃は六文銭とか言っても誰も相手にしてくれなかったのに・・・。
それで言えば、今の大河とか真田幸村っていう役名がちょっと納得いかなかったりします。
でもでも、大坂の陣はかなり楽しみにしてます。
期待すると裏切られると分かっていても、最近の幸村ブームを考えて、きっと凄まじい散り様を見せてくれるんじゃないかって。

いつの間にか日付が変わってるんで、そろそろ寝ます。
最近古代の事とかあんまり考えてなかったんで、途中でちょっと持ってる本読んだりして、これ書き始めてから一時間半以上経ってます。
何を書いてるのか分からなくなってきた。
BGM(DVD)は比嘉戦 → ドリライ5thで。
真田と幸村を堪能中(笑)


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裏山のさくら, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。