上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何年かぶりに、携帯電話を忘れて家を出てしまいました。
散々でした。
電話を掛けたくても公衆電話が見当たらねぇ!
駅のホームにも無くて、やっと見つけたと思ったら端の端の端の方で電車が入ってきても車両すら止まらないくらい端の方にポツン…って。
10円玉握り締めて走って行ったけど、乗りたい電車が到着してしまって、電話掛けてたら完全に乗り遅れるので断念しました。
降りた駅のホームにも電話はありませんでした。
改札出ても当然ありません。
公衆電話って普段はどうでもいい(←失礼)けど、ケータイ忘れた日には物凄く必要ですよね。
「何で無いんだよ」ってブツブツ独り言言いながら歩いてました。
で、やっと見つけて久々に公衆電話から掛けたんですけど、すっごい新鮮でした。
逆に、一周回って、みたいな感じで(笑)
ボタンの押し心地とか、10円がガチャンと落ちる音とか、受話器のデカさとか。
ちょっと和んでみても、やっぱりケータイは忘れるもんじゃありません。
無駄な体力を使った…。


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裏山のさくら, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。